集計フィールドの定義
集計フィールドを使用して、複数のレコードの小計、平均、総計などを計算することができます。たとえば、レポートの集計フィールドに5月の売上の総計を表示することができます。
集計フィールドを定義するには、次の操作を行います。
1.
データベースが開いている状態で、[ファイル] メニューの [管理] サブメニューから [データベース...] を選択します。
2.
[データベースの管理] ダイアログボックスで、[フィールド] タブをクリックします。
3.
データベースに複数のテーブルがある場合、[テーブル:] リストから適切なテーブルを選択します。
4.
[フィールド名:] に、フィールドの名前を入力します。
フィールド名の指定を参照してください。
5.
[タイプ:] で [集計] を選択します。
6.
[作成] をクリックします。
7.
[集計フィールド「(フィールド名)」のオプション] ダイアログボックスで集計タイプを選択し、データのグループ化の基準となるフィールドを選択します。
 
選択する
集計タイプ
フィールドに値が入力されているレコードの数を求めます。たとえば、あるフィールドに 100 個の値(1レコードに1つずつ)が保存されている場合、カウントの結果は 100 となります。
フィールド内の値がどのくらい分散しているかを計算します。このオプションでは、フィールド内の値の平均値から標準偏差が計算されます
フィールド内のある値が全体の値の合計に占める割合を計算します。たとえば、販売員1人の売上合計に対する貢献度を計算します。
8.
 
これまでに操作したレコードの値に現在のレコードの値を加算した合計を表示します。ソートされたグループごとに現在の合計を再開するには、[ソートされたグループごとに集計を再開する] を選択してフィールドリストからソートを再開するフィールドを選択します。
加重平均 表示されるフィールドで、重み付けの値を持つフィールドを選択します。
他のフィールドの値を重みの値として使用し、特定のフィールドの平均値を求めます。
これまでに操作したレコードの数に現在のレコードを加算したカウントを表示します。 ソートされたそれぞれのグループごとに現在のカウントを再開するには、[ソートされたグループごとに集計を再開する] を選択して、フィールドリストからソートを再開するフィールドを選択します。
重みを n にして、選択されているレコードの値を母集団として標準偏差を算出します。
小計。 表示されるフィールドのリストから、レコードをグループ化するために使用するフィールドを選択します。
一部のレコードに基づいて計算した値の合計値に対する比を求めます。
9.
集計するフィールドが繰り返しフィールドの場合、繰り返しをまとめて集計するか、または個別に集計するかを選択することができます。
フィールド内のすべての繰り返しを集計して、1つの集計値を求めるには、[全体] を選択します。
それぞれの繰り返しを個別に計算して集計値を求めるには、[個別] を選択します。
注意  個別の集計値を表示するには、集計フィールドを繰り返しフィールドとして書式設定する必要があります。詳細については、繰り返しフィールドの表示の設定を参照してください。
10.
[OK] をクリックし、他のフィールドの定義を行うか、[OK] をクリックします。
注意
  •
  •
集計フィールドは、レコードのグループに関連付けられています。集計フィールドの値は、レイアウトでどの位置に集計フィールドを配置されているか、対象レコードの中にいくつのレコードがあるか、およびレコードがソート済みかどうかにより異なります。
  •
集計フィールドのデータには、ファイル内のすべてのレコードが対象になっている場合も含めて、ブラウズ中のレコードの内容が反映されます。 集計対象のフィールドの値を変更したり、対象レコードを変更したりすると、集計フィールドに表示される結果が再計算されます。
  •
[合計に対する比] を選択すると、[小計] にグループフィールドを指定できます。正確な値を算出するには、ブラウズモードに切り替えたときに、指定したグループフィールドでソートする必要があります。
  •
標準偏差の式は n-1 で重み付けされ、通常の標準偏差の後に表示されます。
  •
集計フィールドのデータを手動で変更することはできませんが、コピーすることはできます。また、GetSummaryを使用して集計フィールドの計算を実行することもできます。
  •
FileMaker Pro ファイルが ODBC データソースからのデータにアクセスする場合、補助フィールドを使用して、外部ソースから取り込まれるデータに作用する非保存計算、または集計の指示を定義することができます。詳細については、補助フィールドの使用を参照してください。
  •
FileMaker Pro Advanced を使用している場合は、フィールドスキーマを1つのファイルからコピーして同じファイルまたは別のファイルに貼り付ける(ペーストする)ことができます。詳細については、フィールドスキーマのコピーと貼り付け (FileMaker Pro Advanced)を参照してください。
関連項目 
集計フィールドの変更
集計データが表示されない、または誤っている
数字を含むフィールドに対する書式の設定