ファイルオプションの設定
現在のファイルのデフォルトのレイアウト、ファイルを開く/閉じるときに実行するスクリプト、ログイン情報、および英文スペルチェックの環境を設定することができます。すべてのファイルの環境を設定するには、環境設定を参照してください。
現在のファイルの開閉に関するオプションを設定するには、次の操作を行います。
1.
[ファイル] メニューから [ファイルオプション...] を選択し、[開く/閉じる] タブを選択します。
 
[次のアカウントを使用してログイン:] を選択してから [アカウント名とパスワード] を選択し、アカウントとパスワードを入力する
これはデフォルトの選択項目です。 デフォルトの選択は[次のアカウントを使用してログイン] で、[アカウント名とパスワード] オプションが Adminと空白のパスワードに設定されています。
データベースを開く際に、特定のアカウントとパスワードを使用して、自動的にログインします。一時的に、ここで指定したパスワード以外のパスワードを使用してファイルを開く場合は、Shift キー(Windows)または option キー(Mac OS)を押しながらファイルを開きます。
注意 デフォルトのアカウントが有効でパスワードが無効である場合、別のパスワードを入力するように要求されます。
[次のアカウントを使用してログイン] を選択して [ゲストアカウント] を選択する
ゲストアカウントを使用して自動的にログインします。
[表示するレイアウト:] を選択して、リストからレイアウトを選択する
ファイルを開くと、指定したレイアウトが表示されます。 このオプションが選択されていない場合には、最後にファイルで作業したときに表示されていたレイアウト、または起動スクリプトで指定されているレイアウトが開きます。次の [実行するスクリプト:] オプションを参照してください。
注意 FileMaker  Pro では、レコードの編集やデータベーススキーマの変更など、ファイルに重要な変更があった場合にのみ、現在のレイアウトが保存されます。詳細については、FileMaker Pro によってファイルが保存されない場合を参照してください。
[実行するスクリプト:] を選択して、リストからスクリプトを選択する
[指定] をクリックして、使用するスクリプトを選択します。
注意 通常、これは初めてファイルを開くときですが、スクリプトやリレーションシップによってすでに開かれていて非表示になっているファイルのウインドウを開く場合にも、この方法でスクリプトを起動することができます。 OnFirstWindowOpen スクリプトトリガの詳細については、スクリプトトリガの設定を参照してください。 スクリプトトリガを実行しない操作の詳細については、スクリプトトリガを実行せずにオブジェクトデータを変更するを参照してください。
[このファイルを閉じる時] 領域の [実行するスクリプト:] を選択して、リストからスクリプトを選択する
[指定] をクリックして、使用するスクリプトを選択します。
注意 [このファイルを閉じる時] で実行するよう指定したスクリプトは、ファイルの開いている最後のウインドウを閉じるときに実行されます。ファイル自体が開いたままであっても(ウインドウが開いている別のファイルから参照されている場合など)、スクリプトは実行されます。ファイルを閉じる際に実行するスクリプトは、指定したファイルの開いている最後のウインドウを閉じるたびに実行されます。
OnLastWindowClose スクリプトトリガの詳細については、「スクリプトトリガの設定」を参照してください。 OnLastWindowClose スクリプトトリガで実行されたスクリプトが偽の値を返した場合、ファイルは閉じません。
2.
[OK] をクリックして変更を保存するか、別のタブをクリックして他のファイルオプションを設定します。
現在のファイルのスペルチェックオプションを設定するには、次の操作を行います。
1.
[ファイル] メニューから [ファイルオプション...] を選択し、[英文スペルチェック] タブをクリックします。
 
特別な下線で、疑わしい言葉を示す
スペルが間違っている可能性のある単語には、赤い点線の下線が付けられます(ブラウズモード、検索モード、レイアウトモード)
疑わしいスペルで警告音を鳴ら
疑わしいスペルでメニューバーを点滅させる
2.
[OK] をクリックして変更を保存するか、別のタブをクリックして他のファイルオプションを設定します。
入力時のスペルチェックは、大量のテキストがアクティブなフィールドに表示されている場合は、他のスペリングオプションよりも低速の場合があります。詳細については、入力時のスペルチェックを参照してください。
現在のファイルに対して、テキスト処理およびデータ入力のオプションを設定するには、次の操作を行います。
注意  [テキスト] タブの項目を編集するために設定された完全アクセス権を使用してログインする必要があります。
1.
[ファイル] メニューから [ファイルオプション...] を選択し、[テキスト] タブをクリックします。
2.
 
スマートクォートを使用する [欧文フォントのみ]
カーリークォーテンションマーク(”)およびカーリーアポストロフィ(’)を使用します。このオプションが選択されていない場合、またはこれらの記号がないフォントを使用している場合は、普通のクォーテーション(")とアポストロフィ(')が使用されます。すでにデータが入力されているファイルに対してこの設定を変更すると、新しく入力されるデータにのみ適用され、既存のデータは変更されません。
禁則処理を行います。このオプションは、デフォルトで有効です。このオプションを無効にすると、テキストの行頭または行末で使用できる文字に関する標準的な規則は無視されます。
ワードラップなど、半角英文での標準的な禁則処理を行います。このオプションは、デフォルトで有効です。このオプションを無効にすると、文字もスペースも同じように記号として処理され、英文の単語は単位として処理されません。フィールドまたはテキストブロックの幅に収まらない単語は、途中で区切って次の行に折り返されます。
[上書き入力] (Windows のみ)
日本語入力時に、カーソルの位置にある既存の文字を、ユーザが入力した新しい文字で上書きします。このオプションは、デフォルトではオフです。
3.
 
常に現在のシステム設定を使用する
常にファイルに保存されている設定を使用する
設定が異なる場合は常に確認す
現在のシステム設定とは異なるシステム設定を使用して作成された数値、日付、または時刻のフィールドにデータを入力する場合に、どちらの設定を使用するかを尋ねるメッセージを表示します。
4.
[OK] をクリックして変更を保存するか、別のタブをクリックして他のファイルオプションを設定します。
Mac OS で、現在のファイルのグラフィックオプションを設定するには、次の操作を行います。
注意  [グラフィック] タブの項目を編集するには、[完全アクセス] アクセス権セットを使用してログインする必要があります。
1.
[ファイル] メニューから [ファイルオプション...] を選択し、[グラフィック] タブをクリックします。
 
カメラの接続時に自動的に写真のインポートを開始する
(Mac OS)
デジタルカメラの写真のインポート処理を開始します。このオプションは、デフォルトでは無効です。 このオプションを有効にすると、互換性のあるデジタルカメラを接続した場合に、FileMaker Pro で写真のインポート処理が開始されます。詳細については、デジタルカメラまたは別のデバイスからの写真のインポート(Mac OS)を参照してください。
2.
[OK] をクリックして変更を保存するか、別のタブをクリックして他のファイルオプションを設定します。
関連項目 
FileMaker Pro ファイルの作成
入力値の自動化の定義
入力値の制限の設定
保護されているファイルの開き方
スペルチェック
作業を自動化するためのスクリプトの作成